FC2ブログ

プロフィール

さとみさん

Author:さとみさん
味野医院で看護師長 兼 事務長。。。
時には、デイケアスタッフ 訪問看護師 として。。。
そうそう、今度は Web担当者 として多忙な日々を送っております。

「さとみさん」の目を通して感じられる「元気」「慰め」「励まし」をお届けできたらと思っています。

ちなみに、「さとみさん」の元気のもとは「愛犬」と「心踊らされる美味しいもの」と「ことば」でしょうか。

味野医院facebook→https://www.facebook.com/ajinoiin


原稿


通院していただきやすいエリア


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
yjimage[5]


お盆も終わりましたね。
故郷に帰ったり、懐かしい友人に会われた方も多いのでしょうね。

私も、次々に遠く離れている友達が帰ってきて懐かしく楽しい時間を過ごすことができました。
中には、ステージⅣの癌に侵されて、闘病生活しながらの再会だった人もいました。

家族の話、子供の話、病気の話、宗教観・・・・尽きることのないおしゃべりの中で、
「あなたに会えて良かった」の一言が、私の心を大きく揺さぶりました。
「心通わせる友達は神様からのプレゼント」・・・

こちらこそ、あなたに会えて良かった!!

倉敷市児島駅前心療内科 味野医院
ホームページはこちら→http://ajinoiin.or.jp/
スポンサーサイト
20150413_151931 (480x640)

今年も庭のハナミズキが咲き始めました。
大好きな花なのですが、この花の咲く頃、散る頃には
大切なものを失い、辛い思い出がある花です。

父、友人、愛犬。。。。。いつもこの花に慰められてきました。

今年も、今幼馴染の友人が癌の末期で闘っています。
昨日、お見舞いに行って、
「怖くない?」と訊くと「大丈夫」と笑いました。
「元気になって欲しいけど、もしなれなかったら、
神様の天国でまた元気な姿で会おうね!」と言うと、
クシャッと泣きそうな顔になって2度頷きました。
「絶対ね!」・・・また頷きました。

「もう、頑張らなくていいよ。よう頑張ったから・・・
ちょっとゆっくり行こうや・・・」また、コックリ頷きました。

いつかは、誰もが通る道ですが、本当に寂しい、悲しい。

願わくば、平安に包まれて残された日々を過ごしてもらいたい
と願うばかりです。

倉敷市児島駅前心療内科 味野医院
ホームページはこちら→http://ajinoiin.or.jp/
今日はクリスマスイブですね。
皆さんは、どんな過ごし方をしていますか?

「1年で最も寂しさを強く感じる日」なのかもしれませんね。
今日も、心療内科には心の重荷を携えておいでになる方々が
おられます。

昨日、私(さとみさん)の所属するプロテスタント教会では、
(江戸時代の庄屋屋敷・・それも隠れキリシタンのお屋敷を
スウェーデンの宣教師が買い取り、教会として用いたとても
ユニークな作りの建物です)
「クリスマスキャンドルナイト」と名付けて、
お一人お一人にクリスマスの祝福が届くように
たくさんのランタンに灯をともしてお迎えしました。

IMG_33597867572805.jpeg


そして、一人一人のキャンドルにリレーで灯りをともして
讃美歌とともにひと時を過ごしました。

たった一人で過ごされている人のこころにも、
小さなともしびが灯りますように祈りつつ。。。

  メリークリスマス!!!


倉敷市児島駅前心療内科 味野医院
ホームページはこちら→http://ajinoiin.or.jp/
豹に殺された親ヒヒ… そばにいた赤ちゃんヒヒに、豹がとった意外な行動に考えさせられる

↑ぽちっとしてみてください。

先日、訪れたサイトで感動したものです。


倉敷市児島駅前心療内科 味野医院
ホームページはこちら→http://ajinoiin.or.jp/
先日、大事なお友達の妹さんが癌のため54歳の若さで逝去されました。

お兄さんとご主人とで一緒にしているお店をずっと支えていた彼女でしたが、
半年前に余命宣告を受けた後も、泣き言も痛みに対する訴えも言わず、
病床でお兄さんとご主人を支えられたと伺いました。

料理人であるご主人が亡くなる3か月前に脳梗塞で倒れたのですが、
身体的な後遺症は全くなく、喜んだのも束の間。。。。。
味覚がなくなってしまいました。

これを機に、お兄さんは義弟である彼女のご主人を解雇しました。
彼は「兄貴ありがとう!あとは嫁の面倒を最後まで看ます。」
と言って、亡くなるまでの3か月、奥さんと貴重な時間を過ごされたとのことです。
もし、味覚を失わなければ、店のことを心配する彼女が、ご主人の退職を許すはずがなかったのです。

一見、最高の不幸に見えた「脳梗塞と味覚の喪失」ですが、
ご家族は口をそろえて「神様からのプレゼント」と、おっしゃいました。

最後まで、見事に生き抜いた彼女と、彼女を愛してやまないご家族へのプレゼントは
人知を超えた形で現れるのだと、感動しました。

お花の大好きだった、とても美しかった彼女のためにお花を用意して、
ご家族をお慰めするつもりで伺ったのですが、
私は、逆にたくさんの勇気を頂いて帰路につくことになりました。

20141209_131946 (480x640)


天国で、見守っていてくださいね!!!


倉敷市児島駅前心療内科 味野医院
ホームページはこちら→http://ajinoiin.or.jp/

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。