FC2ブログ

プロフィール

さとみさん

Author:さとみさん
味野医院で看護師長 兼 事務長。。。
時には、デイケアスタッフ 訪問看護師 として。。。
そうそう、今度は Web担当者 として多忙な日々を送っております。

「さとみさん」の目を通して感じられる「元気」「慰め」「励まし」をお届けできたらと思っています。

ちなみに、「さとみさん」の元気のもとは「愛犬」と「心踊らされる美味しいもの」と「ことば」でしょうか。

味野医院facebook→https://www.facebook.com/ajinoiin


原稿


通院していただきやすいエリア


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も残すところわずかになりました。
慌ただしい中、忙しさのため心を亡ぼしていませんか?

先日クリスマスメッセージで「プレゼントの極意」ということを伺いました。
①タイミング
②サプライズ
③送り主の思いを伝える

この3つがそろうことで、そのプレゼントは幾倍にも感動と感謝なものになる~といったものでした。

お正月に合わせて花を咲かせる「啓翁桜」という珍しい桜の枝50本を、今年HPのことでもお世話になったWさんより送って頂きました。クリスマスが終わり、新しい年に思いを馳せるこの時にぴったりの贈り物。。。
20141228_163416 (480x640)



「啓翁桜」も50本の量も私には大きな驚きでした。
お花を習い始めたばかりの私には少々荷が重すぎたのも事実で、助けてくださったのは、お花の先生でした。


味野医院は明日でお正月休みに入るので、今回は所属教会の元旦礼拝で皆さんに見ていただけるよう、先生にお願いしました。
温度を管理して少し花を開かせてくださり、生けこみをしてくださいました。
20141228_163450 (480x640)
20141228_162009 (480x640)

そして、50本の「啓翁桜」を従えて生けこみ完了。。。わずか20分「マジックショー」を見ているようでした。
先生からは、花材を加えていただき、感動のプレゼントをいただきました。

「花」はそこに居るだけで、見ているものを癒し、励まし、慰めてくれます。
そして、その花を送ってくださる人、生けてくださる人の思いやりで、もっともっと深いプレゼントになっていくのです。

この年の瀬に、「思いやりのお花」のプレゼントをお二人から、いただきました。
そして、お正月に多くの人たちにこの花たちがこの思いを届けてくれますように。。。。

会堂を出る時に先生がお花たちに
「しっかり頑張ってよ。。。」と優しくお声をかける姿も印象的でした。

みなさま、良いお年をお迎えください。


倉敷市児島駅前心療内科 味野医院
ホームページはこちら→http://ajinoiin.or.jp/
スポンサーサイト
今日はクリスマスイブですね。
皆さんは、どんな過ごし方をしていますか?

「1年で最も寂しさを強く感じる日」なのかもしれませんね。
今日も、心療内科には心の重荷を携えておいでになる方々が
おられます。

昨日、私(さとみさん)の所属するプロテスタント教会では、
(江戸時代の庄屋屋敷・・それも隠れキリシタンのお屋敷を
スウェーデンの宣教師が買い取り、教会として用いたとても
ユニークな作りの建物です)
「クリスマスキャンドルナイト」と名付けて、
お一人お一人にクリスマスの祝福が届くように
たくさんのランタンに灯をともしてお迎えしました。

IMG_33597867572805.jpeg


そして、一人一人のキャンドルにリレーで灯りをともして
讃美歌とともにひと時を過ごしました。

たった一人で過ごされている人のこころにも、
小さなともしびが灯りますように祈りつつ。。。

  メリークリスマス!!!


倉敷市児島駅前心療内科 味野医院
ホームページはこちら→http://ajinoiin.or.jp/
 本日CAPP活動日
~コンパニオン・アニマル・パートナーシップ・プログラム

20141216_141517 (480x640)


さとみさんと愛犬リアナは、月に一度アニマルセラピーのボランティアで、施設訪問をさせ頂いています。
お写真は、活動終了後のお友達、ラッキー君とメロディーちゃんと一緒 ♪

本日は老人施設のデイサービスにお邪魔しました。
おとなしく友好的なワンちゃん、猫ちゃんたちに、利用者さまは癒され、喜んでくださったようです。

今日はリアナは8名の方々に抱かれました。
中には撫でながら、涙ぐんでギュッと抱きしめてなかなか離してくれなかったり、
時間が終了しても、「私も抱っこさせて!」と言ってわずかな時間でも触れ合いを
楽しんでくださったりと、大活躍してくれたリアナでした。

吠えたり唸ったりすることなく、おとなしく抱かれることで、老人の心に
癒しと慰めを与えられるワンちゃん、猫ちゃんたち・・・

今後もこの活動が続けていけますように。。。。

でも、一番元気を頂いたのは、私たち飼い主なんです。
犬の素晴らしさを、再認識できたこの活動日は、元気モリモリです。




倉敷市児島駅前心療内科 味野医院
ホームページはこちら→http://ajinoiin.or.jp/
豹に殺された親ヒヒ… そばにいた赤ちゃんヒヒに、豹がとった意外な行動に考えさせられる

↑ぽちっとしてみてください。

先日、訪れたサイトで感動したものです。


倉敷市児島駅前心療内科 味野医院
ホームページはこちら→http://ajinoiin.or.jp/
先日、大事なお友達の妹さんが癌のため54歳の若さで逝去されました。

お兄さんとご主人とで一緒にしているお店をずっと支えていた彼女でしたが、
半年前に余命宣告を受けた後も、泣き言も痛みに対する訴えも言わず、
病床でお兄さんとご主人を支えられたと伺いました。

料理人であるご主人が亡くなる3か月前に脳梗塞で倒れたのですが、
身体的な後遺症は全くなく、喜んだのも束の間。。。。。
味覚がなくなってしまいました。

これを機に、お兄さんは義弟である彼女のご主人を解雇しました。
彼は「兄貴ありがとう!あとは嫁の面倒を最後まで看ます。」
と言って、亡くなるまでの3か月、奥さんと貴重な時間を過ごされたとのことです。
もし、味覚を失わなければ、店のことを心配する彼女が、ご主人の退職を許すはずがなかったのです。

一見、最高の不幸に見えた「脳梗塞と味覚の喪失」ですが、
ご家族は口をそろえて「神様からのプレゼント」と、おっしゃいました。

最後まで、見事に生き抜いた彼女と、彼女を愛してやまないご家族へのプレゼントは
人知を超えた形で現れるのだと、感動しました。

お花の大好きだった、とても美しかった彼女のためにお花を用意して、
ご家族をお慰めするつもりで伺ったのですが、
私は、逆にたくさんの勇気を頂いて帰路につくことになりました。

20141209_131946 (480x640)


天国で、見守っていてくださいね!!!


倉敷市児島駅前心療内科 味野医院
ホームページはこちら→http://ajinoiin.or.jp/
ADHDってなんだろう「知ること」から「はじまる」こと。

どんなイメージをみなさんはお持ちでしょうか?

私の知人で子供のころは「困ったチャン」でしたが、現在社長をしている人がいます。
自分の個性を受け入れ、助け、伸ばしてくださった先生、友人のおかげだと言っています。

また、自分のこどもが「普通と違う」と悩んでいた母親が「ADHD」という説明を受け、その子供に合ったコミュニケーションの取り方を勉強して、この子を伸ばしていく指針ができた~と喜ばれた賢い人も知っています。

「普通と違う」ことは、そんなに悪いことでしょうか?
何が「普通」なのでしょうか?

周囲の理解で、少しずつ互いに生きていきやすさを獲得できないでしょうか?

確かに、理解できないときは辛い、悲しい、孤独を感じることが多いかもしりませんが、知ることから始まればと思います。


倉敷市児島駅前心療内科 味野医院
ホームページはこちら→http://ajinoiin.or.jp/

自分の居場所

12月に入って、急に寒くなってきました。
岡山でも初雪を観測したそうです。

星空は冴えわたっていますね。


皆様の心の中は、この寒さの中で打ち震えてはいませんか?
拠り所はありますか?

クリスマスとお正月とにぎやかなイベントが続くこの12月から1月の間が、
もっとも寂しさを強く感じる時期なのだ・・・・・という記事を読んだことがあります。

また、家族がいても、家の中でポツンと孤独感を抱えている方もいらっしゃるかもしれません。

「一人で寂しいのは当たり前、誰かと居て寂しいのは倍寂しい。」
こんなことを感じたことがあるのは、私一人ではないと思います。

でも、考えてみてください。。。。。
「この世の中に命を受けて誕生してきた」
   ~これ以上の意味はないと、私は思っています。

みんなが楽しそうなクリスマス。。。
一人ぽっちの人もおられるかもしれませんが、
「生きていて良いんだよ。だから、あなたは命を与えられてるんだよ」
そんな宇宙からの声に耳を傾けながら、星空を眺めてみるのも、
素敵なクリスマスの過ごし方かもしれません。

倉敷市児島駅前心療内科 味野医院
ホームページはこちら→http://ajinoiin.or.jp/

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。